gnupackのEmacs使ってたら頻繁に致命的エラーが出る件(解決)

Pocket
LINEで送る
はてなブックマーク - gnupackのEmacs使ってたら頻繁に致命的エラーが出る件(解決)

ウィンドウズでEmacs使うのに定番のgnupack

gnupackというcygwin, emacs, vimをいい感じにパッケージしてくれているものがあります。

このパッケージに入っているEmacsはすでにIMEパッチも当ててくれてるし、インストールも簡単ですごく便利だったんですよね。ところがうちでは問題が出るようになってしまいました。

広告

うちの環境では致命的エラーが出る

でも、ある時からこのEmacs使っているとよく致命的なエラーで止まるようになってしまっていました。
(完全に止まってVisualStudioでデバッグしますか?みたいなやつ)

たぶん色々入れた設定のどこかなんだろうなあと思いつつ、特定する時間もなかったのでひとまず定期的にセーブするようにしてお茶を濁していました。

gnupackは長いこと使っていたし、みんな使ってるし、こんなに致命的で頻繁に出るエンバグはしていないだろうという考えです。

よくわからないけど解決

ある日、なんとなくgnupackでないIMEパッチ付きのバイナリに入れ替えて使ってみたところ、それ以来エラーは出なくなりました。ナンデ?

gnupackのemacsで出た問題で考えられる原因は、思い当たるのはGoogle日本語入力を使っていないことだけです。
自宅ではgnupack Emacs+Google日本語入力で全く問題なかったはずなんですよね。

問題のあった環境は職場なので気軽に入れられないのでした。

どこにあったバイナリか失念してしまって申し訳ないのですが・・・Vectorだったかも?

こちらのバイナリを使用しています。
もし同じ症状の方がいれば試してみる価値はあるかと思います。

Emacs Lispテクニックバイブル

Emacs Lispテクニックバイブル書籍

作者るびきち

発行技術評論社

発売日2011年11月26日

カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数336

ISBN4774148970

Supported by amazon Product Advertising API

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*